スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

2017年ゲーム総まとめ

去年、あまりコンシューマに時間取れてなかったので
今年はいろいろやっていこう!と思ったのも年始の頃ぐらい・・・
手軽さではソシャゲのが上回るんだよなぁ。

運良くswitchをゲット出来たので、switchソフトは何本か出来ました!
また、PS4もゲットした為、有名ハードは揃った印象。
☓箱? 知らない子ですね・・・
○英雄伝説 空の軌跡FC Evolution(Vita)
○英雄伝説 空の軌跡SC Evolution(Vita)
ファルコムの大人気シリーズをようやくプレー。
レベル上げやお金稼ぎは不要だが、安心して出来る王道RPGという感じで、
物凄い目新しさ的なモノはないが人気が伺えるバランスで、サクサクやれました。
お使い系のクエストはちと面倒さもあったけれど、
取り逃ししないように、クエスト受注期限をだいたいで表示してくれた機能は好感触。
寄り道や手応えのある敵も用意されているので、RPG好きならやって損はない作品。

○ゼルダの伝説 Breth Of The Wild(Switch)
Switch買ったらぜひやるべき作品!逆に言えばこれやる為にSwitch買うようなもん!
オープンワールドで繰り広げられるアクションは、
ただひらすら原っぱを駆け回るだけでも何故か楽しい!
メインストーリーと呼べる部分はかなり少ないのだけど、
探索、冒険をしていると時間はあっという間に過ぎていく、魔のゲームでもあるw
突然雨が降ってきた時の人々の様子とか、
敵モンスターの仕草とか、細かい点まで拘って作っているのが伝わってくるので
switchをゲットできたならば、まずやって欲しい作品です!

○いけにえと雪のセツナ(Switch)
古き良きスクウェア時代を彷彿とさせる、スーファミライクなRPG
クロノトリガーのシステムを流用したとの事で、
戦闘は3人パーティーで連携技を駆使して戦っていく!
主人公が喋らなかったりするのも、ならではかな・・・
ストーリーも戦闘もバランスが良い印象だが、
ここ最近のハデハデなゲームに比べると、かなり地味な印象でもある。
昔を懐かしみたい人向け、なのだろう。

○LOST SPHEAR(Switch)
セツナの続編、というわけでもないのだが同じチームが作成したRPG
一面が雪に覆われている世界観で、どことなくセツナの世界観と同一な印象を受ける。
やはりクロノトリガーっぽい感じなのは同じところで、
こちらも昔RPG沢山やってた人がターゲット層なのかもしれない。
セツナより若干インターフェースは改善されているのだが・・・
個人的にはテンポがあまりいいようには感じず。うーむ。

○大逆転裁判2~成歩堂龍ノ介の覚悟~(3ds)
前作の続編で、話も続いている作品。
まぁ、1では明らかにされていない謎が沢山あったので、
続編有りきで作っている為、なんとなく予想できてしまっているのが残念。
それでもシリーズを重ねてきているだけあって、安定した面白さはありますねー。
続きモノの為、1をやらずにプレーするのはお勧めしません。
初でやるなら1&2の限定版を買いましょうw

○ウルトラストリートファイター2(Switch)
スパ2にイロイロと味付けをしているスト2という感じ。
switchコントローラをを画面に向かって放つ波動拳は、か○はめ波のようだw
ランクマッチ対応もしているので、昔ゲーセンでブイブイ言わせてた世代が
ちょうどターゲットになっているのかも。

○ピクセルラインDX(Switch)
なんか軽い安いゲームもDLしてみるかと落としてみたパズルゲーム。
マスの中に書かれた同じ数字同士を結んでいくモノで、
難易度は高くないが、ひたすらやってしまう系。
こういうのを置いておくあたり、ソシャゲ対抗なのだろう。

○ドラゴンクエストXI~過ぎ去りし時を求めて~(3ds/Ps4)
ついにやってきました、ドラクエ30周年の目玉作品にして、ドラクエナンバリング最新作!
サブタイトルの意味が「そういう事だったのかー!」と身震いしたのを覚えています。
王道中の王道なだけあって、引き込まれるストーリー、
洗練されたインターフェース、遊びやすさに、やりこみ要素、
ドラクエ9はストーリー覚えてないくらい薄味でしたが、今回のはかなり濃いめ!
ボリュームもかなりあって、やりごたえ抜群!
ただひとつ気にかかるのは、主人公の長髪!w
やはりカミュのような外見がドラクエ主人公っぽいんだけどなぁ・・・
しかし他に非の打ち所なしなので、ドラクエしばらくやってない人にもお勧めです!

○ドラゴンクエストXオンライン Ver4 5000年の旅路 遙かなる故郷へ(Pc/Switch)
シナリオはついに主人公エテーネの民の力が開放される!
という事でタイムトラベル的な話が展開されていきます。
ディレクターもチェンジした為、新たな試みもきっと増えていくとは思われるものの・・・
やはり、かなりのまったりなアップデートなので、
しばらくしてから遊んでも追いつけるという部分は良心的だが、ガッツリな感じにはならず。
気が向いたら遊ぶ感じですかね~。

○スプラトゥーン2(Switch)
1は未プレーな為、2が初体験。
3D視点のシューティングはガバエイムな為、全く当たらず・・・
そんなアナタでも当たる接近戦武器「ボールドマーカー」の虜になりました!w
飛距離のない武器なので近づいてナンボという武器ですが、
塗り性能が高いので、ひたすら床を塗っているだけでも楽しい!
カメラは自分より後ろにあるのでジャンルとしては「tps」だが、
血しぶき飛んだりするリアルさは全くないので、逆に気軽に遊べる感じが良いかな。
友達に進められたPCゲーの「PUBG」とか絶対プレーできないと思った・・・

○スーパーマリオ ODDESSEY(Switch)
こちらもアクションの王道を行くマリオシリーズの最新作。
3D視点なのでギャラクシーシリーズの後継といったところか。
だだっ広いフィールドのあちこちに隠された「パワームーン」を探しつつ、
ストーリー上のボスを倒して次のステージへ進む、王道パターン。
パワームーンの数が尋常じゃないので、探索要素でもあるのだが、
若干食傷気味になるのがチョット・・・
アクション部分は爽快なので、普通にアクション好きにはお勧めです。

○Project Octopath Traveler/体験版(Switch)
まだ体験版しか出ていないが、かなり期待を持てるRPG
ブレイブリーデフォルト的なターン制を進化させた戦闘で、
敵のシールドを0まで減らしたら敵がピヨるので、
そのスキに一撃をお見舞いする!というのが特徴。
割りとシンプルにまとまっていてゴチャゴチャしていないのが良い。
体験版でも十分楽しかったので、製品版が待ち遠しいところ。

○ドラゴンズドグマ オンライン(Ps4)
コレの為に本体購入!
一緒に遊ぼう!という事で友達みんなでプレーと思ったのだが、
実際にやってみると、そんなにパーティー必須でもなく、
NPC役のポーンが優秀な為、なんとなくソロでシナリオ消化が多くなってしまった。
あと課金装備が強すぎて、Ver1~2の敵がボス含めて軒並みザコ扱いに・・・
早く初心者を追いつかせる処置なのかもしれないが、少し冷めてしまったかも。
アクション制もずーっと変化が感じられない為、
レベル不足になってくると楽しみを見出すのが大変な状態に。うーむ。
Lv80から始められる課金があるという事だったので、そっちが正解だったのかも?

○ファイアーエムブレム ヒーローズ(App)
歴代FEキャラをガチャで回してゲット!
武器や魔法の三すくみの代わりに、赤青緑の3色で三すくみを表現!
マス目は少ないのにちゃんとFEしてるところが素晴らしい!
出撃キャラ数も少ない為、再行動可能にするキャラがかなり優遇されているかも。
シリーズをかなりこなしているハズなんだが、それでも知らないキャラもいたり、
ガチャでお気に入りのキャラを当てるのは至難の業ではなかろうか。
まぁ、無課金でもそこそこ遊べるので、FE好きならDLしても損はなし。

○ポケ森(App)
どうぶつの森のスマホ版が登場。
人気作品だから、さぞ面白いんだろうと思ったのだけど・・・これは人を選ぶ作品かも。
どうぶつキャラに愛着湧いたり、家具作って部屋配置が好きだったりする人向けかなぁ。
個人的にはあまり続ける感じはしなかった・・・
電車の待ち時間にやる暇つぶしゲーとしては優秀かもしれない。

○ファイナルファンタジー レコードキーパー(App)
引き続きの課金プレー。
ようやくオリジナル要素が実装され、
歴代シリーズ作品にレコードキーパー主人公のデシ君が入り込んでいくような作りに。
課金装備のパワーゲーではなく、決められた装備でクリアしていく感じなので
昔の弱い装備や魔法なんかにも出番が!
あのストーリー展開がデシ君いる事でこんな事に!というのも面白いので
チョット同人匂はするもののw なかなか続きが気になります。
この展開ならこれから始める人にも差がなくて、なかなか良い実装なのかなと思いました。

○グランブルーファンタジー(App/Google)
今年も一番プレー時間が長いであろう作品。
やってる事は装備集めとガチャくらいに収束されるんですがねぇ。
やはりキャラクタの成長、数値の上下に一喜一憂する事を突き詰めるとこうなるのかな?
俗に言うインフレゲーとしては緩やかなインフレな方だと思うので
いろいろ言われはするけれど、バランス取れている方なのでしょう。
果たして空の果てイスタルシアに到達するまでサービスが続いているのか!w
是非、シナリオは完結まで持っていって欲しいものです。

振り返れば、結構遊んだ作品数はあったかもな今年。
switchを楽しんだ感はあるので、つくづく任天堂っ子なんだなーという印象。
リアルさの追求はあまりしていないので、
これからもゲームゲームしている作品を楽しんでいきたいと思います。
血しぶきドバーは勘弁w

では、来年も楽しくゲーム出来ていますように~

スポンサーサイト
category
ゲーム
Relation Entry

Comment

Trackback

http://shootingstarz.blog110.fc2.com/tb.php/309-beec23fe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。