FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

腎臓病栄養教室に行ってきた

主治医が何やら教室を開くので出席しなさい、との事なので
腎臓病栄養教室に参加してきました。

食事療法に気をつけないとって話になったところなので、
その辺の話を詳しく聞けると良さそうっすねぇ。

場所は与野本町にある保健所。当然行った事はないが・・・
母校の近くだったりするのでちょっと懐かしい感じもあり。

午後に会場入り。
まずは保健所の所長さんが挨拶と共に
前座と称して少々埼玉県やさいたま市内の腎臓病事情データを紹介。

そして真打の主治医の講義が開始される。
腎臓病患者の数や、掛かっている人の年数、腎臓の働きについて、
など医学的な部分の話が結構あった上で、
食事療法によって腎臓の負担を軽減できるという結びへつなげていく。

要点をまとめると以下な感じか。
・腎臓はたんぱく質分解で出る毒素を解毒する器官である
・腎臓は体内の食塩濃度を一定に保つ器官である
・腎機能を計る値としてはクレアチニン値そのものよりもeGFRで
・食事療法をする事で腎臓機能低下スピードを遅くする事ができる

受けた印象としては、
腎臓は複雑で大切な機能だから大事にしましょう!
食事療法頑張らないと透析一直線だぞ!
という「脅し」をする事で、危機感を持ってもらおうという
講義内容だったのかな、と思いました。うむ、食事療法頑張らないと・・・

その後、管理栄養士の先生が塩分を減塩する食事について講義。
まぁ減塩については割りとよく言われている話が多かった印象。
その中でも気をつけよう、なるほどと思ったのは以下
・調味料は目分量ではなく、ちゃんと計量して使用すること
・一見して塩分が含まれていないように見えるものでも
 塩分が多いものもあるので気をつけること
・製品に記載されているナトリウム量は400mgで塩1g換算

粕漬けとか塩漬けじゃなければ塩分低いかと思っていたけどそうでもなかったり
コンソメや和風出汁のもとにも塩が入っていたり、そのへんは意外でした。
あとは、まぁ、計量スプーンを買うかな・・・

なにしろ、ちょっと塩分も気をつけていかないとダメかもしれない。
木曜日の結果でも塩分過剰という結果だったし、
外食する場合で、自分で調味料をかける場合も気をつけよう。

カロリー、塩分、たんぱく質!
この3種類に気をつけて、楽しい食事をしていこうと思いました!


スポンサーサイト
category
病気
Relation Entry

Comment

Trackback

http://shootingstarz.blog110.fc2.com/tb.php/258-bec916d4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。