FC2ブログ

今回の通院結果と、ジムの影響について

今回の通院結果、クレアチニン数値は3.07、腎機能的には25%程度。
うーーーむ、やっぱりというか、悪くなってますな。。。
とりあえず主治医の見解を聞いてみる。
この2ヶ月でジムにも行きつつ、
トレーニング後はたんぱく質取った方が筋肉付くと思い、
おそらくいつもよりかは意識して肉類を摂取していたと思う。
という事で、悪いのはお肉だろうという事に。

トレーニング自体はハードな事はしていないし、
基本的には無理しないレベルで行っている事からも、
食事の問題が大きいであろうとの事。

しかし、トレーニング後にたんぱく質摂取するような行為ってのは
スポーツ選手など肉体労働系の人達がやる事であって、
一般人は不要というのがDrの説。

たんぱく質といったらアミノ酸。
アミノ酸についての研究もした事があるそうで、
有り難いアミノ酸授業をしばらくうけたまわりましたw

必須アミノ酸26種はお互いが複雑に関係しあっていて、
不足したアミノ酸があった場合、そこに関係するアミノ酸が
不足分を補うように作り出したりするらしい。
AとB、AとC、、AとDが関係していてAが不足してきたら
BとCとDがAを作り出す、というような感じ。

このアミノ酸は体内に充分すぎる程存在していて、
普通に生活してる分には補充する必要ないくらいだそう。
世間ではアミノなんちゃらと騒ぎ立ててるけど、
どうにも事実は違うっぽい。またしてもステマか!

実際のところ、最新医療でもアミノ酸については不明点が多く
わかっている事を例えるなら・・・
太平洋のどこかには白い石が3つあります。
というレベルくらいしかわかってない、らしい。
そんなレベルでアミノ酸アミノ酸って騒ぐなぁぁぁ。

まぁ、でも嘘は言っていないとの事。
AとB、BとC、CとDが関連していた場合、
Aに変化があったら、当然数珠繋ぎでDにも影響が出るわけで、
これが26種類全てにからみあっていたらわけわからん、という感じ。
だもんで、眼にはこのアミノ酸が効きます、
的な形まで持っていくには天文学的数値のパターンを試さないとダメで
スパコン使って計算をしばらくさせるようなレベルになるっぽい。
26の階乗通りとかそういうレベル。
だから、わかっているお隣さんくらいまでの情報だけを言っているそう。
A摂取したらBも補えます!くらいのレベルを言っている。
まぁ、嘘ではない・・・が、全然情報としては低いレベル。
そういうのに踊らされてるんだなー・・・
もう、どちらかというと精神作用レベルな気がしてきたw

さて、話を戻すと。
1.トレーニングは特に悪くはなさそう
2.アミノ酸の話から、たんぱく質は無理に取らずとも良いので、
  肉類は今まで通り気をつけて少なめに摂取
という結論に。

実際、悪い結果ではあるものの
長いスパンで数値の変動を取ると、3回良くて1回悪いくらいの
バイオリズムが見えてきていて、ちょうど悪い時期に当てはまっている為
定例的に悪くなっただけ、とも取れる。
次回、上記の通りに動いても悪くなるようならジム通い終了かなー。

という事で、禁酒ならぬ禁肉(筋肉でもなく!)は続きそうです。
うまいこと言った!

スポンサーサイト
category
病気
Relation Entry

Comment

Trackback

http://shootingstarz.blog110.fc2.com/tb.php/221-4508396d